«前の日記(2006年01月22日) 最新 次の日記(2006年01月24日)» 編集

日々をアレコレ


2006年01月23日

ガールポップ 俺定義

「どんな音楽を聴くの?」と訊かれると、いつも「ガールポップがメイン」と答えてる。だけど、「ガールポップ」って何なのかその定義が曖昧で上手く伝わらないことが多い。もっとも緩い定義は次のような感じ。

ガールポップ(広義)
女性シンガーおよびその歌う歌

反対にもっとも厳しい定義は次のような感じ。

ガールポップ(狭義)
自身で作詞作曲まで行う女性シンガーおよびその歌

そもそも、「ガールポップ」という言葉自体が80年代の後半という血行結構最近に生まれた言葉。その代表的な代表的な存在としては谷村有美が挙げられる。他にも、ZARDの坂井泉水やLINDBERGの渡瀬マキ、永井真理子辺りも当時の代表するガールポップシンガーだと思う。彼女たちの共通点というと、

  1. 活動のメインフィールドが歌であること
  2. パフォーマンスの中心は歌であること

の2点であると思う。つまり、歌うこと以外の活動は最低限にとどめ、その歌を歌うために派手な衣装を着るなどの話題作りをしない、歌で純粋に勝負するということ。

僕がガールポップにはまったきっかけとなった相馬裕子もそんな中に入る一人だと思う。彼女にはまって以来、女性ヴォーカルの心地よさに浸るようになって、今では節操なくいろいろ聴くようになった。それでも、あまり派手な活動をする人は好まず、歌を中心に活動する人がやっぱり好きだ。

Tags: music word

«前の日記(2006年01月22日) 最新 次の日記(2006年01月24日)» 編集